借金 踏み倒し

借金の踏み倒し方法は無いの?

借金踏み倒しのデメリットは?
給料が差し押さえられてしまう
銀行口座が差し押さえされてお金をおろせなくなる
法的手段を逃れるために、まともな社会生活を営めなくなる

 

本当に借金が返せなくて困っているなら債務整理、自己破産などで
合法的に踏み倒しと同じ結果が得られます。そのためにはまずはプロの法律家に相談して借金問題を解決しましょう。

 

↓↓1分で出来る借金減額シミュレーターであなたにぴったりの法律相談所を教えてくれます↓↓

 

 

借金に困った時にはつい、いけないと思っても踏み倒す事を考えてしまいます。
そもそもお金に困ってるから借りているわけで、収入が急に増えない限り返せる目処がつくわけがありません。

 

転職などで一時的に収入が減ったため借りるのであれば転職後の給料で返済できます。
しかし今定職に就いているけど生活が苦しかったりする場合、収入が増えない限り返済するのは難しいです。
支出をどうしても減らせないのであれば返したくても返すことは不可能になります。

 

責任感が強い人の場合は無理して深夜や休日にアルバイトをして返済しますが、
体が頑丈で強靭な精神力の持ち主出ない限り続かないでしょうし、体を壊して入院したら更に借金が増えてしまいます。

 

 

友人や知人から借りたお金であれば倫理的には問題がありますが、
借金の踏み倒しはいくらでも可能です。
借用書を交わしていなければいくらでもすっとぼける事ができるし、事実やってる人も少なくありません。

 

 

消費者金融やクレジットガード会社から多額の借金を抱えている場合はどうかというと、
中々難しいようです。
債権回収部門などのまり彼らは借金を回収するプロですから時効まで逃げようと思っても中々逃げ切れるものではありません。
もちろん不可能ではありませんが、自分の社会的基盤の全部捨てなければならないことになります。

 

仕事や家族を捨ててまで借金から逃げようと思うのであれば出来ないことはありませんが、
まともな社会生活は出来ないようになります。

 

消費者金融やクレジットガードのローンは借金返済の時効が5年です。
この5年間には海外逃亡している間は除外されることになります。

 

また引越しして家を借りるときには身分証明書が必要なので、公文書偽造などの犯罪に手を染めない限り
不可能です。

 

彼らもプロなので裁判所を通して銀行口座や給料の差し押さえなどの手段を取ってくるでしょう。
そこまでされると一般人である我々に逃れる術はありません。

 

そしたらどうすればいいのか?

 

合法的に借金の踏み倒しが出来る方法があります。それは債務整理です。
債務整理には、大きく分けて3種類の方法があります。

 

利息をストップできる任意整理、住宅ローン以外の借金を5分の1まで圧縮できる個人再生、
そして借金をチャラに出来る自己破産です。

 

そして高い金利を長期間払い続けている人は過払い請求も出来るので
借金をゼロに出来るほどお金が返ってくる可能性もあります。

 

人によっては数百万円もの金額が返ってきてプラスになることもあります。

 

債務整理にはこれだけのメリットがありますが、デメリットはほとんどありません。
例えば5年から7年間あらたに借入出来なかったりクレジットガードが作れなかったりしますが、
永久ではないので時間が立てばまた借りることが出来ます。

 

それから選挙権を失ったり会社の役員になれなかったり、会社に知れ渡ったりするということは
根も葉もない噂なので、そういったことは一切ありません。

 

無理して不可能に近い踏み倒しを考えるより、
法律で認められた債務整理で借金を減らすことを考えたほうが、
借金地獄から解放されることへの近道になるでしょう。

 

↓↓↓借金の悩み解決は匿名の無料相談から

 

>>1分で出来る借金減額シミュレータで自分に合った相談先を探す<<